読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足跡-sokuseki-

りかの日進月歩の記録

今までに詠んだ和歌をまとめた

数学 和歌

 

和歌。それは少ない文字数に景色や心情を詠みこむ日本独自の歌。決まった文字数に様々な、時には二通りにも三通りにも読み取れる意味を込める和歌は、とても素晴らしい文化だと思います。

和歌を詠んだ経験は少ないのですが、イベントに関連してTwitterで和歌を募集していた際などに詠んだいろいろな和歌を一度まとめます。

 

愛と数学の短歌コンテスト

 

4月に理系彼女botさんが考案、横山明日希さん(数学のお兄さん)が主催して行われたコンテスト。

 

短歌も和歌の一種ということで。技法とか何もないのが多いですが。 

 

これは@mass_sawood さんのツイートが元ネタ。すべてローマ字にすると "I love U" になります。

 

 

ロマンティック数学俳句コンテスト

 

7月から8月にかけて、横山明日希さん(数学のお兄さん)主催で行われたコンテスト。

 

このコンテストについては、ツイートしてないのですが、スマホのメモに当時考えたものが残っていたので。 

関数で 君は一意に 僕とペア

「関数はある数を決めるとそれに対応して一つの数が決まる。関数のように、君と僕が一対一で対応する、っていうニュアンス」という解説まで残っていました(笑)

 

 

数学和歌を詠もう

 

8月末から、横山明日希さん(数学のお兄さん)と狡猾な狐さんが企画して行われたイベント。

 イベントまでに詠むことはできなかったのですが、その後行われたツイキャスで詠みました。

 

 

 そしてセルフ解説はこちら。

 

そしてこのハッシュタグを使って、その後もいくつかツイートしてます。

 これはただのネタです(笑)

 

 

古今和歌集の日

 

2016年11月11日の古今和歌集の日を記念して和歌を詠もうという企画(狡猾な狐さん発案)。

 

 これについてはセルフ解説を以下に。

 

 いくつかツイキャスで紹介もしていただいて、本当にありがとうございました!

 

最後に

 

古今和歌集からの良き節目を迎えて、せっかくだから、と今までの分もまとめました。もっと良い和歌を詠めるようになりたいです。