読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足跡-sokuseki-

りかの日進月歩の記録

エクセルでの乱数発生のメモ

この春休みは計算力を上げることを目標として頑張っているので、さまざまなことに取り組んでいる。その一環として使うプリントを作成した。その際の「1から100までの整数をランダムに(重複なしで)表示させる方法」をメモしておく。難しくはなく、簡単にできるので大量にプリントを作ることができた。

以下その方法。

 

①エクセルを起動させる

ここは気合いでなんとかなる。

 

②A1に「=RAND()」を入力する

RAND関数は0以上1未満の小数の乱数を作る関数である。

 

③A100までコピーする

これで、0以上1未満の小数の乱数がA1からA100まで100個作成できた。

 

④B1に「=RANK(A1,$A$1:$A$100,0)」を入力

RANK関数はRANK(数値,参照範囲,順序)で入力すると、[数値]が[参照範囲]の中で[順序]で何番目かを返す。[順序]は0か1を入力でき、0ならば降順(大きい数字の方が順位が高い)、1ならば昇順(小さい数字の方が順位が高い)である。

あとでこの式をコピーするので、[数値]は相対参照、[参照範囲]は絶対参照(「$」をつける)にしておく。

 

⑤B100までコピーする

これで、A1からA100に書いてある数字の順位がB1からB100に表示される。乱数の順番を表示させているので、重複を避けることができる。